大森 里美    ​OMORI Satomi(共同展示作家)

【作家氏名】大森 里美
【作家氏名】 OMORI Satomi
【作品名】再生と観照
【素材・技法】合板/電子機器

【プロフィール】

埼玉県川越市在住

2016年  電子工作ユニットすいラボ活動開始

              これまで東京・京都・埼玉・千葉・台湾等で作品販売

2018年  プレ蔵と現代美術展出展

Lives in Kawagoe City, Saitama

2016      Electronic work unit SUILAB activity started.

              Sales result at Tokyo, Kyoto, Saitama, Chiba, and Taiwan.

2018      Pre Kura and Contemporary Art Exhibition 2018 exhibit.

【コンセプト】

人の手により作られたものが機能を失い、人の手により新しい価値を育むこと

展示施設(旧山崎家別邸が山崎家の隠居所から指定文化財へと変わっていったこと)の中で、

自分の創作活動の原点である電子機器を使って共通する感情を表現したい

 

Things made by humans lose function, Nurturing new value with human hands

Exhibition facility (former Yamazaki family residence changed from Yamazaki family retreat to designated cultural property)

I want to express common feelings using electronic devices, the origin of my creative activities

展示施設データ:Venue Information for 2019

【会場No.N

施設名:旧山崎家別邸
指定:川越市指定文化財/国登録記念物名勝地
場所:埼玉県川越市松江町2-7-8
入場料:100円

©  蔵と現代美術展実行委員会

 

主催  蔵と現代美術展実行委員会

​後援  川越市  川越市教育委員会  NPO法人川越蔵の会

助成  川越市協働事業

連絡先 〒350-0057 埼玉県川越市大手町2-5-306

E-mail kuratogendaibijututen2015@gmail.com